社長Blog

2007年11月29日 木曜日

落書き男が送検された。

岡山西署は7日、瀬戸内市邑久町虫明、会社員森大樹(22)、岡山市さい東町1丁目、派遣社員植本篤史(22)の両容疑者=一部起訴済み=を器物損壊の疑いで岡山地検に追送検した。 調べでは、両容疑者は共謀、または単独で昨年10~12月中旬の夜間、岡山市神下の百間川に架かる橋脚、同市海吉の信号機制御板などや建物の壁などに、スプレー塗料で変形した英文字などを落書きする犯行を8件(被害総額約80万円相当)重ねていた疑い。 両容疑者は昨年12月17日早朝、同市錦町で落書き中、通報で駆けつけた同署員に所持していた大麻を発見され、大麻取締法違反で現行犯逮捕された後、落書きについて同署が余罪を追及していた。自供では森容疑者が23件、植本容疑者が19件の犯行を認めており「自己主張の一手段として落書きをした」などと供述しているという。                 岡山日日新聞にて掲載

とんでもない奴だ!
先日、ニュース番組の特番で放送されているのを見ましたが、SANTAと名乗り、町のあちらこちらに落書きをし、消されるとすぐにまた同じ場所に落書きをするという非常に悪質な事件が放送されていた。あげくの果てには、目から下をSANTAの文字が入った紙で隠し、自分を指差し、いかにも「SANTAの犯人は俺だ。」と、挑発的な写真まで公共物等に貼り付けていた。何を考えているんだか・・・
恐らく、この容疑者は軽いイタズラの気持ちから徐々にSANTAと言う名を世間の若者に知られたいと言う気持ちが大きくなったのではと、思う。主張する場所ならいくらでもあるのに公共物や人様の家の壁やシャッターに落書きは当たり前の事だがよくない。自分の物に落書きされたらどう思うか?考えるまでもないが、今後は更正して社会復帰する事に専念して貰いたいものだ。

株式会社 トクガ                                       桜井 栄福

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ | 記事URL

2007年11月18日 日曜日

レッスン代は食べ物

英会話学校NOVAの外国人講師らでつくる労働組合「NOVA教職員組合」が食事代にも困る講師のために、食事提供と引き換えに英会話を教えるレッスンを昨日から公園で開いたらしい。
何とも心の痛む出来事です・・・寒い空の下、生きる為に必死で働く外国人講師・・・
講師のムーンさんは
「寒かったけど大丈夫。日本で講師を続けたい。」
この言葉に私は心が痛む・・・私にも何か手助けは出来ないのか・・・
NOVA教職員組合にて募金活動はされていないのか・・・何か手助けをしたい・・・
何故ならば、私も日本で生活をしている外国人だからです。(在日韓国人です)
国際化が進み日本にも大勢の外国の方が留学や働きに来ている。
でも、外国の方が住むにあたり住みやすい国なのか、少し疑問に思ってしまう。
オシム監督がご自宅で病に倒れた際も、ご家族の方は救急車を呼ぶにあたり大変苦労をされた。
ご自宅から病院まで5分のい位置にも関わらず・・・
勿論、言葉の壁が原因で救急車を呼ぶのが遅れてしまった事が一番の原因ではあったが・・・
でも、日本には沢山の外国の方が住んでいるのだから外国の方からの119番通報があった場合には各、外国語で通話する事の出来る専用オペレーターを創設するとか、外国の方が住みやすい国造りをする事によって日本はもっと、国際化が進むのではないでしょうか・・・また、人口が年々減少している今日、外国の方の永住緩和に力を入れれば国力にも繋がるのではと、思う。
日本はすでに国際社会の一員であるのですから・・・

株式会社 トクガ                                       桜井 栄福

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ | 記事URL

2007年11月11日 日曜日

大空の夢・・・

今日の産経新聞の朝刊に大空の夢に羽ばたく社会人として埼玉県にありますホンダ飛行場にて操縦訓練をされていらっしゃる社会人の方が特集で掲載されておりました。
私の目にすぐに留まり、頭の中は訓練時代の頃にフラッシュバックをしながら興味深く読みました。
「あっ、新聞の写真に載っている機体はセスナ172型だー。私が訓練していた頃の機体と同型だー。」
と、思わず微笑んでしまいました。
訓練時代は毎日が勉強で、覚える事がとても多くいつも頭の中は飛行機関係でいっぱいでした。
航空法規から始まり気象・通信・航空工学等を勉強しながら訓練飛行を平行して学んで行くのですが、特に訓練飛行は大変でした。寮に帰っても、外食をしていても椅子に座ると無意識に手足が伸び、手は操縦桿を握っている形、足はラダーを踏んでいる形になり目をつぶりながらいつの間にかにイメージフライトをしているのです。特に試験前になると夜の滑走路でバイクに乗りながらタッチアンドゴーの手順やナビゲーションの手順をよくやりました。知らない人が見れば、「あの人、バイクでぐるぐる回りながら独り言を言っている。変な人・・・」と、思うでしょう。でも頭でイメージトレーニングをするよりは実際にバイクや自転車に乗って声を出しながら実際の離着陸経路の方向に向きながらダウィンドレグでは何をし、ベースレグでは何をし、ファイナルアプローチでは何をし・・・と、イメージトレーニングをすると頭に入るんです。しかも体(手足)も覚えてくれるのです。着陸すると無意識にブレーキを踏み、旋回すれば無意識にラダーを踏み込んでいたり、最終着陸態勢に入るとやはり無意識にフラップやランディングライトのスイッチに手が行っていたり結構、体が覚えているのです。  人間の体はホントに不思議だな~。
あの時代から15年以上が経ちましたが、今でも飛行機の音が聞こえてくると空を見上げてしまいます。時には空を見上げながら後悔をしていたりもします。その時は後悔を吹き飛ばす為に龍ヶ崎飛行場へ行き大空を満喫してくるのです。そして操縦桿を握ると、あの時が懐かしく思えてくるのです。教官にボードで殴られたことや、初の単独飛行した時のあの感動や・・・ホント、懐かしいです・・・
あー、ブログを書いていたら飛びたくなって来ましたー!来週でも飛びに行こうかなー。

株式会社 トクガ                                       桜井 栄福
このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ | 記事URL

2007年11月 3日 土曜日

住宅着工戸数が44%減

国土交通省が先月31日に発表した9月の新設住宅着工戸数が、前年同月比44%減の6万3018戸で3カ月連続のマイナスとなった。下げ幅は前月に続き過去最大を更新した。
そもそも減少した大きな理由として、耐震強度偽装問題を受け建築基準法が改正され今年6月に施行された。この改正により着工前の建築確認審査が厳しくなったのが大きな原因。
これにより国内総生産(GDP)への悪影響は避けられない。
姉歯元1級建築士から始まったこの問題で真面目に事業を取り組んでいる業者には大変、迷惑している。
弊社も建売事業を行っているが、建築確認の申請をしてから許可が下りまでにあまりにも時間が掛かり、その間の事業資金の金利負担が大きい。なので弊社は建売事業を今は自粛している状況です。
この状況を一日も早く解決するには、国土交通省が新改正を全国の審査機関(役所を含む)に指導、教育する事だろう。現実は、審査する者が新改正をあまり理解されていないのが現状です。おかしな話です。こちらの質問に答えられないのですから・・・急いで法改正はしたが、対応がつい来れていない。と言った感じだ。
しかし私が思うには、これから先、もっと審査が厳しくなるのではと、思う。その理由として先日、住宅断熱材などの分野でトップメーカーのニチアスが耐火試験に違法で合格していた問題でこの先、どのように影響が
出るのか注視されるところだ。
それにしても、今の日本は食品にしても住宅にしても偽装だらけだ。いったい企業のモラルは何処へ?
まったく、おかしな国になってしまっている・・・

株式会社 トクガ                                       桜井 栄福
このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ | 記事URL

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ