社長Blog

2006年9月25日 月曜日

日本の国歌斉唱、国旗掲揚について

今月の25日に東京都教育委員会が、入学式や卒業式で国歌斉唱、国旗掲揚の時に、起立しなかった教員を処分した件で、教職員が国歌・国旗を強要するな。皇国思想の押しつけであると、処分無効と、教職員に対する慰謝料を求めていた裁判で、東京地裁は、国旗・国歌の押しつけは違憲であるという判決を出した。
          

 

 国歌斉唱・国旗掲揚というのは、軍国主義的イメージやら、復古調のイメージがあると、この人たちは考えているのだろう。でも、どこの国でも、自国の国歌や国旗の掲揚をするときには、起立して、脱帽するのは、当たり前の事だと思う。
 何故かと言うと、国旗というのは、その国、そのものを指し示すものであり、国歌は、その国を象徴するものであるからである。この方々は、外国でのミーテングとか、スポーツの大会でも、起立せず、相手の国旗や、国歌に対して、敬意を表さないのであろうか・・・日本を愛していないのか?だとすれば何処の国を愛すのだろう・・・自国を愛せない人が他国を愛せるのか・・・聞いてみたいものだ。
また、生徒さん達には、国旗とはどういうものなのかきちんと教えられるのか?恐らく軍国主義的イメージで教えるのだろう・・・
国旗・国歌法案が国会を通った時点で、日の丸が国旗、君が代が国歌であると、正式に法律で、決まったのであるから、それを個人的、組織的に認めないのは、多数決で決める民主主義の根底をも否定することになる。つまり、みんなで決めたことを、自分の考えとは違うからと、その決定に従わないのはどうかと思う。
このような先生に教育された生徒さんは、どんな大人になるのだろう・・・心配だ。
それからこのような先生は、かなり協調性のない人が多いんではないか?自分の意見、思想をしっかり持つのはいいけど、これを人に押しつけたりしてはいけない。先生は、有る程度の中立性が求められるはず・・・自分の言う事は派に主張するけど、人の意見には耳を貸さない・・・こんな先生なのだろう。
 これからこの国はどんな国になって行くのかな~。このような考え方をする人が増えればこの国の未来は真っ暗だ。
そうならない為にも、石原都知事!頑張って下さい!

 それと今回、判決を下した裁判官に一言、言いたい。
あなたみたいな裁判官がいる以上、益々、日本の司法制度がおかしくなる。
まー、石原都知事に頑張ってもらい最高裁まで争ってあなたの判決が覆る事を願いたい・・・

株式会社 トクガ                                       
桜井 栄福

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ | 記事URL

2006年9月19日 火曜日

地価が「バブル」後初上昇

今日の各新聞の一面に「3大都市圏の基準地価が上昇」と大きく掲載されている。
3大都市圏平均は、16年ぶりに住宅地・商業地でそろって上昇に転じた。バブル崩壊後以降、初めてとなる。この要因としては、不動産投資の拡大や都心回帰があると言える。
確かにバブル崩壊後、銀行を始め各金融機関が不良債権処理の為にどんどん不動産を競売などによって処理していった。また、企業は経営スリムを図る為に不必要の不動産を手放していった。それらの不動産を買い叩いたのが外資系企業である。その頃の日本の不動産業者は不景気の影響で大型不動産を買う体力がなかった。
私の考えとしては、今回の地価上昇を裏で操っているのは外資系企業だと思う。もっと言うなれば、アメリカと日本の政治的な関係があると思う。
地価が下がり叩きやすい時期にどんどん不動産を買いあさり、活性化しているように見せ日本企業が後を追うように買い始める。そうやって不動産取引を活性化させ地価を吊り上げさせて高い時に売り抜く。
これが外資系企業のやり方だ。なので確かに今、不動産はバブルと言っても過言ではない。それだけに何時、どんなタイミングで崩壊するのかが分からないから怖い。(崩壊せず、横ばいも考えられるし正直、先の事は分からないのが本音。)
最近、業者間(不動産業者間)でよく耳にするのは「特に都内は異常な程に不動産が上がっているから何時下がるかが怖い。こうなるとトランプのババ抜きと同じで、誰が最後にババを掴むかだ。
と、あちらこちらで耳にする。しかし、この先上がり続けるかそれとも下がるかは誰にも分からない。
ただ一つ言える事は、上がったものは何時かは下がる。それがバブルのように急激に下がるか、緩やかに下降するかの違いだろう。不動産は生き物と同じで常に市場に左右されている。今後の外資系企業の動きが鍵を握るだろう。

株式会社 トクガ                                       桜井 栄福

 

 

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ | 記事URL

2006年9月11日 月曜日

宅建協会の行事が続くなー

私は、(社)神奈川県宅地建物取引業協会川崎北支部教育研修委員及び同協会、川崎支部橘地区班長をやらせて頂いているが、今日も役員会で集まりがあり、明日も夕方から地区役員会、明後日は地区ゴルフコンペと行事が続く。最初は、役員をやるのは正直、抵抗があったがやってみると以外と面白い。
また、教育研修委員と言う事もあり、忘れかけている宅建業法(宅地建物取引業法)も再度、勉強出来るしで自分の為にもなるのでやらせて頂いて良かったと思う。
特に川崎北支部は川崎市内の支部では一番、会員さん(不動産業者)が多く、法定研修の際にはかなりの大きさのホールを借りないと入れないので何かと大変だけど、色んな方と知り合えるし、それが役員の一番のメリットかも・・・
そんな事で、明後日は橘地区のゴルフコンペなので一緒にプレーをさせて頂くことになった地区長を始め、他の社長様方にご迷惑が掛からないよう、今日は早めに仕事を終わらせてゴルフ練習場へ練習しに行かないと・・・目標は勿論、優勝!新ぺリア方式なので私にも可能性があるかも・・・)目標スコアは、90ジャスト!(自慢出来るスコアではないけど・・・)どうしても90台後半(最近は、100を叩く事もしばしば・・・恥ずかしい)の壁を越えたいのだが、難しいですね~。
ご一緒にプレーされる皆様、ご迷惑をお掛けしないよう頑張ります!

株式会社 トクガ                                       桜井 栄福

 

 

 

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ | 記事URL

2006年9月 7日 木曜日

耐震偽造初公判

少しずつ忘れかけていたあの耐震偽造事件で昨日、建築基準法違反などの罪に問われた元一級建築士、姉歯秀次被告の初公判が東京地裁であった。
罪状認否で同被告は起訴事実を大筋で認め、謝罪した。
検察側は捜査段階で同被告が
「大地震が起きるまでは稼げるだろうと思った」と供述していたことを明らかにしたとのことだが、仮に大地震が起きて強度不足のせいで建物が倒壊し、死者が出ていたら姉歯被告は、こんなのんきな事も言ってられなかっただろう。
また、木村建設(熊本県八代市)の元社長木村盛好被告は「建物の安全性は確認されているものと思っていた」
などと、大の大人が未だにお行儀悪く無罪を主張している。
どう考えても何十棟、何百棟もRC造を建てている者が、明らかに鉄筋の数が少なければ分かるはず。
現場の人達も「鉄筋の数が少ない」と思っていたのだから・・・
それなのに知らないとは何事だ。 
完全に会社の利益を少しでも高める為に木村建設が先頭に立って始めた事件に間違いない。
また、木村建設から仕事を貰っていた姉歯被告は、間違いなく木村建設の圧力(特に東京支店元支店長篠塚被告)があっ
て偽造に走ったのだろう。
今、この事件をきっかけにビジネスに繋げる為に耐震バスターとか内覧チェックのプロとか建築士が色んな呼び名をつけて一儲けしようとしている。
この間も、弊社が売主で建売住宅のお引渡し前の建物チェックをお客様にして頂いた。その際に、一人のご年配の方がお客様と同行されてきた。どうやら建物の内覧をチェックをする人とか・・・
そして内覧が始まると、悪い箇所にベタベタとシールを貼り始めた。当然の事ながら、人間が造った以上は100%完璧なものは無いので、多かれ少なかれクロスや床に多少のキズがあったりはするもので勿論、補修はするが、虫眼鏡で見ないと分からないような小さいキズまでご指摘が・・・私は思わず「何処にキズがあるのですか?」と聞き返した程だ。工務店の現場監督さんはただ、唖然・・・
この建物の内覧をチェックをする人達は、お客様に代わってクロスや床などのキズを見つけるのが仕事らしいがこれでどれ位の費用かは知らないが、それで報酬が貰えるなら私もアルバイトでやりたいものだ。
私から言わせると、クロスや床などのキズのチェックの為に費用を掛けるのはお金を捨てているのと同じ。それであれば、基礎配筋や上棟時といったもっと重要である建築途中に構造等をチェックした方が良いと思う。
内覧チェックなどは、友人や身内などに一緒に手伝ってもらえれば良いことだ。(だって、目で見える所をチェックするだけだから誰でも出来ることです。)
まー、ホント色んな商売があるが今回の内覧チェックのお仕事は正直、お金を掛けて頼むような仕事内容のものではなかったように思える。
話は少し反れましたが、耐震偽造のような事件が二度と起こらないことを願いたい。

株式会社 トクガ                                       桜井 栄福




 

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ | 記事URL

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ