HOME > 不動産を売却したい方

不動産売却をお願いする業者・・・どうやって選べばいいの?

まずは、不動産を売却する仕組みについて しっかりと理解しておきましょう。

不動産を売却する時は、不動産業者に売却の依頼をし適正価格を算出してもらい、その価格に基づいて市場で売りに出してもらう(つまり買い手を探してもらう)ことになります。そして、買い手が現われれば売買が成立します。そういった意味では、やることはとてもシンプルなのですが、問題は「本当の適正価格はいくらなのか」を知ることが難しいということです。

 

例えば、不動産業者3社に売却の査定を出すと、以下のようなことが起きます。

 

もちろんお客様(売主)は出来るだけ高く売りたい為、見かけ上の査定価格が最も高いC社に依頼を出してしまいます。この時にC社は「売主が他に不動産業者へ売却の依頼が出来ない」という契約(専属又は専任媒介契約)を締結します。
しかし、適正価格と乖離がある為、なかなか買い手は見つからないし時間を要します最終的にはお客様(売主)を説得して価格を下げて行きながら売却に持って行く。

これでは誠実にお客様のことを考えて行動しているとは言えないです。
その逆の適正価格よりも低めで取り引きが成立してしまう可能性もあるでしょう。しかし、お客様にとっての一番の損失は時間です。売るに程遠い高めの価格で市場に出している期間は売れない為、住み替えるにも住み替えが出来ない。良い物件を見つけても買う事が出来ない。など住み替えのお客様には大変、不利な事ばかり起こります。また「早く売却したい」という状況からお客様も焦って必要以上に値段を下げてしまう可能性もあります。

「誠実な会社」を見抜くには

「誠実な会社」を見抜く手段

では、こういった事態にならないために「本当の適正価格を提示している誠実な会社」を見抜く方法はあるのでしょうか?もちろん、お客様自身がインターネットなどで適正な相場を大まかに把握する事も大切です。しかし、最後はやはりプロでなければ分からないことがあるというのが正直なところです。

だからこそ、社名という看板ではなく「この人と本当にお付き合いできるのか」「この人を信用して任せられるか」という視点で不動産業者を選んで頂くことが重要なのです。売買は成立したものの、なんか気持ち的に納得ができない。気持ち良く手数料を支払えない。・・・そんなことにならないよう、しっかりと「人」を見極めて頂きたいと思います。

仲介手数料半額システム

売買価格2000万円未満は、仲介手数料35%OFF
売買価格2000万円以上は、仲介手数料半額

当社独自の買い取りシステム

不動産を売却する時は 基本は3ヶ月ごとを目安に価格の見直しなどをしながら 市場で売りに出し買い手を見つけます

不動産はタイミングが命です。実際にタイミングなどが合わずに売れる物も売れない。なんてことも良くある話です。またお客様の中には、住み替え先は決まっているけど自宅が売れない。相続税を納める為、早く現金化したい。などの諸事情で早く売りたいという方もいらっしゃると思います。

そこで、当社では予めお約束をした期間で売買が成立しない場合は、当初のお約束の価格でその不動産を直接、買い取らせて頂いております。このシステムをご利用頂くことで、売却時期を確定させて確実に現金化できるのは勿論、当社が直接、買い取りしますのでお客様は仲介手数料(売買価格の3%+6万円+消費税)をお支払いする必要が無く、その分手取り分が増える利点があります。

ジェットワン・システム

最短1週間で当社が買い取らせて頂きます。

つまり、最初の1週間(実際には期間はお客様とのご相談で決めていきます)だけ市場で売りに出しそこで、買い手が見つからなければ当社で直接、買い取らせて頂きます。
このシステムは時間に余裕がなく早く現金化したい方、すでに住み替え先が決まっておりご自宅の売却に時間を要していらっしゃる方に適しております。

スリーマンス・システム

ジェットワン・システムよりは、もう少しじっくりと市場で売りに出していくプランです。

3ヶ月間で売却が出来るように最大限の努力を致しますが万が一、3ヶ月を経っても買い手が見つからない場合は、当社で直接買い取らせて頂きます。
このシステムは時間に余裕があり、少しでも高く売りたい方に適しております。

不動産売却の流れ

その他、お客様に合わせて対応させていただきます

上記プランに限らず、お客様のご要望に応じて、「○週間売りに出して、ダメだったら○○万円に価格調整して再度売りに出す」など、柔軟な対応も行っております。もちろん、安易に価格を下げることは絶対にしませんので、期限も踏まえた上で、お客様にとってベストなプランを提案させて頂きます。