社長Blog

2007年4月29日 日曜日

建売業界の厳しい現状・・・

不動産業界の中でも建売業界は過渡期に入っている感じがしてならないのは私だけか・・・
ここ数年でこの業界はもの凄く増えた。今まで仲介業を営んでいた業者も建売を始めたり・・・
それの理由として、仲介業務だけでは会社が成り立たないからだ。
当然、年々ライバル会社が増えてきているので土地の仕入れも正直、大変だ。
しかもそこへ来て、地価が上がっているので尚更、仕入れがキツイのが現状だ。
当たり前の事だが、不動産を売る側からしてみれば、少しでも高く売りたい。しかもこの上がっている時期は最高のタイミングだ。でも、不動産を買う側からしてみれば、少しでも安く買いたい。でも現状を視ればエンドユーザー価格で買っている。いや、その金額で買わざるを得ない。買わないと会社が潰れてしまう・・・
これが建売業界の現状だ。
だから、利益圧迫になってしまうので販売価格を上げているのだ。(これだけが理由ではないが・・・)
だからユーザーは地価が上がっているように思うのだ。誤解されたくないので言うが、確かに地価は上がってはいるが、そうではない地域もある。何処も彼処も上がっているとは言えない。まさに不動産の二極化だ。
単純に考えて、どの地域も上がっているのであれば、わざわざ値段を下げてまで売る必要はない。
私が思うに不動産も二極化が進んでいると思う。この選別をしっかりと見極めないと会社にとっては大変な事になってしまう。建売を建てたのは良いけど売れない・・・値段を下げてようやく売れたと思ったら
マイナス
○○○万円の赤字
だ。なんて事になりかねない。
何処の建売業者も今が一番大変な時期かとは思うが、地価が落ち着くまでお互いに頑張りましょう。


株式会社 トクガ                                       桜井 栄福 
このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ | 記事URL

2007年4月15日 日曜日

ゴルフコンペ

昨日、橘三郎先生主催の「三略会ゴルフコンペ」に初出席させて頂いた。
開催場所は千葉県木更津市にあります「ザ・カントリークラブジャパン」にて行われた。
橘先生にお聞きしたところ、支配人様も三略会のメンバーさんの為、よく利用させて頂いているとの事。
(クラブハウスも立派だしコースも綺麗で戦略的なコース設計になっており私には難易度の高いコースだ。)
スタートは朝8時~とちょっと早いなーと思っていたが、その理由が組み合わせ表を見て分かった。
なんと、13組の総勢52人の大きなコンペ!しかも名簿を見ると大きな会社の社長様方がずらり・・・
このような仕切りの高いコンペに参加するのは場違いでは・・・と思いながらも心の中はすでにゴルフモード。
昨日の天気は晴れて気温も上がりゴルフ日和でしたが、なんせ風が強い!(下手くそな私にはあまり関係ありませんが・・・)それよりも花粉で泣かされていました。
スコアは言うまでもなくいつも通り、100を切れず・・・キャリアはそこそこあるのに・・・悲しい・・・
でも、悲しい事だけではない。色んな方とお話をさせて頂いたり名刺の交換もさせて頂いたりと充実した一日だった。また、今後の仕事の活力も頂いた。
また、橘先生のおっしゃるように「人を風景として観れば楽しいものだ。」と、教えて頂いた通り、まさにそれを
楽しませて下さるのもこの三略会だと私は思った。  詳しくはまた後日・・・
と、言うことで昨日はゴルフスコアは散々でしたが、大勢の方と交流する事が出来、とても貴重な一日でした。

株式会社 トクガ                                       桜井 栄福 

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ | 記事URL

2007年4月 8日 日曜日

産経新聞 「企業の志魂(こころ)」に掲載されました

4月8日付、産経新聞の朝刊にて「企業の志魂(こころ)」に弊社が掲載されました。
昨年の9月頃にある一つの情報誌をきっかけに産経新聞「企業の志魂(こころ)」編集次長であります高杉様と出会いました。
それから数月が過ぎた頃、飛行機の胴体着陸のニュースが世間を騒がした時に、高杉様の脳裏に「パイロットは誰なんだろう?」と思いを巡らしているうちに私を思い出して下さりお電話を頂いた。
「お元気ですか?今回、特別に橘三郎先生のご了解を得て「隋踵塾」に桜井さんをお招きしたい。」
私は正直、迷いました。隋踵塾に出席される方々の殆んどが、大企業やその子会社の社長様方だ。そんな仕切りの高いところへ弊社のような小さい規模の会社、そして人間として未熟な私が参加して良いものなのか・・・でも、人生そして経営者である大先輩の方々とお会い出来るのだし、橘三郎先生のお話も聞けるのだから二度とないチャンス。これは何かのご縁。と思う気持ちから参加させて頂きました。
勿論、橘三郎先生とお会いするのは初めてでもあり正直、中国故事を聞くのも読むのも始めて。
緊張のあまり自分で何を話しているのか分からない程に緊張していた。
隋踵塾から数日後、いつも通りに仕事をしていると、橘三郎先生が突如、弊社へ御来店頂くことに。
私はまたもや緊張の連続・・・先生の昔話を聞かせて頂いたり、世間話をしていると先生から一言・・・
「今回特別にあなたの会社を書いてあげましょう。」
最初、私は冗談かと思っておりましたが先生の目が本気の目であることに気付き、慌てて深々と頭を下げた。
そして本日の産経新聞朝刊の
「企業の志魂(こころ)」
に掲載して頂いた。
私は今回の出来事にて、出会い・ご縁の大切さを改めて実感しました。
人生、何が起こるかわかりません。だから楽しいのでしょう・・・


掲載内容に付きましては、こちらをご欄下さい。↓
http://www.tokuga.jp/topics/post_10.php

株式会社 トクガ                                       桜井 栄福 
このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ | 記事URL

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ