社長Blog

2007年4月29日 日曜日

建売業界の厳しい現状・・・

不動産業界の中でも建売業界は過渡期に入っている感じがしてならないのは私だけか・・・
ここ数年でこの業界はもの凄く増えた。今まで仲介業を営んでいた業者も建売を始めたり・・・
それの理由として、仲介業務だけでは会社が成り立たないからだ。
当然、年々ライバル会社が増えてきているので土地の仕入れも正直、大変だ。
しかもそこへ来て、地価が上がっているので尚更、仕入れがキツイのが現状だ。
当たり前の事だが、不動産を売る側からしてみれば、少しでも高く売りたい。しかもこの上がっている時期は最高のタイミングだ。でも、不動産を買う側からしてみれば、少しでも安く買いたい。でも現状を視ればエンドユーザー価格で買っている。いや、その金額で買わざるを得ない。買わないと会社が潰れてしまう・・・
これが建売業界の現状だ。
だから、利益圧迫になってしまうので販売価格を上げているのだ。(これだけが理由ではないが・・・)
だからユーザーは地価が上がっているように思うのだ。誤解されたくないので言うが、確かに地価は上がってはいるが、そうではない地域もある。何処も彼処も上がっているとは言えない。まさに不動産の二極化だ。
単純に考えて、どの地域も上がっているのであれば、わざわざ値段を下げてまで売る必要はない。
私が思うに不動産も二極化が進んでいると思う。この選別をしっかりと見極めないと会社にとっては大変な事になってしまう。建売を建てたのは良いけど売れない・・・値段を下げてようやく売れたと思ったら
マイナス
○○○万円の赤字
だ。なんて事になりかねない。
何処の建売業者も今が一番大変な時期かとは思うが、地価が落ち着くまでお互いに頑張りましょう。


株式会社 トクガ                                       桜井 栄福 


このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ