社長Blog

2013年11月30日 土曜日

防空識別圏

中国が沖縄の尖閣諸島の上空を含む防空識別圏を設定した。
ホント、厄介な国だ。
国力が付いてきたせいか、やりたい放題の国だ。
このままでは、南シナ海でも勝手に設定するに違いない。
日本としては、世界中を巻き込み、避難し続けることが大切だ。
中国のペースで行くと、何時の日か、尖閣諸島を中国に盗まれてしまう。
また、理解に苦しむのがアメリカの行動だ。
米軍の爆撃機を飛ばして置きながら、米国務省のサキ報道官を談話を発表して、中国が東シナ海上空に設定した防空識別圏を米国の民間航空機が通過する際、中国当局に飛行計画を提出するよう米国の航空会社に求める考えをした。
何故?確かに民家人の安全を考えてのことだとは思うが、そんなことをすれば中国のことだから、実行支配をさせるきっかけになるのでは・・・
同盟国と足並みを揃えないアメリカを私は非難する。
日本は何でもアメリカの言うことを聞くと思い、軽視し過ぎているのでは・・・
やはり日本は本当の独立国家を目指すべきなのか。
いつまでもアメリカを頼っていては行けない気がする。
仮に日本が核兵器を持っていたとしたら、中国はここまでやるのか?
空想にしか過ぎないが、個人的には軍隊力=抑止力であると思う。
勿論、色々な意見はあるだろう。
しかし、隣国がここまでエスカレートしてきては、抑止力について真剣に議論をする時期に来ているのではないのでしょうか。
このままでは本当に尖閣諸島が中国に盗まれてしまう・・・


溝の口の不動産探しは仲介手数料半額株式会社 トクガへ!桜 井 栄福

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ | 記事URL

2013年11月21日 木曜日

訓練飛行

東京タワー.jpg
昨日、調布飛行場で久し振りの訓練飛行で飛んだ。
同乗したのは友人である野口武彦氏だ。
彼と一緒に飛ぶと訓練生時代を思い出す。
辛かった訓練、寮で悪ふざけ、訓練もせずに空中戦をしながら遊んだり、沢山の思い出がフラッシュバックする。
彼は、小型機からビジネスジェットまで乗り熟し、先日は世界的に有名な方を福岡から羽田まで乗せたりと、VIPの運行までする凄腕だ。
それに飛行機の教育証明を何と、日本新記録の20代で取得したベテランの教官でもある。
流石に教え方も上手だ。
初めて操縦をする機体ではあったが、彼の教え方が上手かったので、竜ケ崎飛行場での離着陸訓練も1度もゴー・アラウンドすることなく出来た。
彼に感謝だ。
ありがとう・・・

溝の口の不動産探しは仲介手数料半額株式会社 トクガへ!桜 井 栄福

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ | 記事URL

2013年11月17日 日曜日

T-6テキサン

20131002_171415.jpg

第二次世界大戦時、アメリカの戦闘機の訓練機として使用されていたT-6テキサン(黄色の機体)
戦後、多くの機体が民間に払い下げとなり、今でも多くのテキサンがアメリカの上空を飛び続けている。
トラトラトラの映画では、テキサンを零戦カラ―に塗装して零戦と称して撮影されていた機体でもある。
零戦のパイロットになるには、この機体で100時間飛び、その後、FAAのチェックアウトを受ける事が
アメリカのルールらしい。
確かに、星形エンジンを搭載されており、零戦に近い機体なので理解出来る。
私の友人でもあり、零戦の共同オーナーでもある野口は、すでに訓練時間は50時間を超えた。
次回、アラスカに行く時は単独飛行の訓練に入る。頑張れ!
私も零戦を飛ばしてみたいが、英語が苦手だ・・・
それに、そんな時間も取れないし、零のパイロットは彼に任せようと思う。
俺の分まで飛んでくれ・・・
20130929_161432.jpg
テキサンの操縦棺は変わっている。
先端が輪になっている。
これは、手を負傷して操縦棺を握ることが出来なくなっても、手を輪に通して操縦できるように。と、考えてこのような操縦棺になったらしい。
アメリカ人らしい発想だ。
そこからも、当時のアメリカ人はパイロットの命を大切にしていたことが解る。
零戦は機体を軽くして航続距離を伸ばす為、運動性能を良くする為、機体を極限まで軽くした。
その結果、パイロットや機体の防弾装備が犠牲となった。
撃たれると、すぐに火を噴き、操縦席後部に防弾用の鉄板が無い為、撃たれたら命を失う。
ただ、犠牲をしたことにより空中戦では零戦に勝る飛行機は無い。向かうところ敵なしだ。
実際、当時のアメリカの司令官は「零戦との空中戦は避けろ。絶対に1対1では戦うな」
また、「雷と零戦に遭遇した時だけは退避しろ」
と、言われた程、零戦は無敵だった。
最終的にはアメリカの物量には零戦も勝てなかったが・・・
そんな零戦だからこそ、今でもアメリカでの零戦の人気は高い。
また、敗戦国の戦闘機は当時、アメリカによって破棄されてしまった為、殆ど残っていないから尚更、価値が高い。
零戦が再び日本人の腕で日本の空を飛ぶ日を夢みて彼と走り続けて行きたい・・・

溝の口の不動産探しは仲介手数料半額株式会社 トクガへ!桜 井 栄福

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ | 記事URL

2013年11月 1日 金曜日

ハロウィン

3.jpg
一昨日は休みで久し振りに家の大掃除をする為、家に居ると、仮装した近所のお子さんが楽しそうに近所で遊んでいる。
私は掃除の手を止め、写真を撮った。
「そうか!明日はハロウィンだから早くから子供達はお菓子を貰いに近所を回って歩いているのか!」
私は早速、お菓子を買いに走った。
何せ、私の家にはお菓子など無いから・・・
1.jpg
駄菓子屋に行くと、どれもこれも小さい頃によく食べていたお菓子が沢山、置いてある。
「懐かしいな~」
と、思いながら思わず大人買いをしてしまった・・・
「う~ん、流石にお菓子で9千円も使うのは、ちょっと買い過ぎたかな~」
早速、段ボールに詰め込み家に帰るとご近所のお子さんが待っていたかのように集まり、あっと言うまに10人近くが集まって来た!
「ご近所にこんなにも沢山の子供が居たとは・・・」
と、思いながら段ボールを道路に置くと、われ先に子供達がお菓子に群がり取り合っている。
「みんなと平等に分けるんだよ~。独り占めは駄目だよ~。」
と、言うが子供達は当然、話も聞かずお菓子に夢中だ。
2.jpg
段ボールのお菓子はあっと、いう間に空っぽになり子供達は満足そうに微笑み、
「どうもありがとうございます。」
と、きちんと挨拶をする子も居れば、リアルに
「全部でいくら位した?」
と、リアルな質問をする子も居る。
子供はホント、ストレートだな~と、思いながら少し遊んであげた・・・
う~ん、喜んで貰えたの良かったけど、来年から大変だな~。きっと子供達は
「あの家に行けば沢山のお菓子が貰える。」
と、思っているに違いない!
来年も再来年もずーっと、ハロィンの度に大人買いをしなくてはならないのかな~
少しでも減らすなどしたら、素直な子供達は
「なんだ、今年は少ないな~」
と、思うだろう・・・
う~ん、早くも来年のハロウィンが怖い・・・

溝の口の不動産探しは仲介手数料半額株式会社 トクガへ!桜 井 栄福

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ | 記事URL

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ