社長Blog

2018年6月 7日 木曜日

目黒区の女児虐待事件

東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が死亡した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された父親の船戸雄大容疑者(33)が今冬、結愛ちゃんを自宅ベランダに裸足のまま放置していたことが、捜査関係者への取材でわかった。結愛ちゃんの足の裏には霜焼けがあり、警視庁は雄大容疑者が日常的に虐待を繰り返していたとみて調べている。(朝日新聞デジタル)

このニュースをテレビで観て「またか・・・」と思った。
以前にもブログで虐待について書いたが今回はあまりにも心が痛む虐待事件だったので書かずにはいられなくなった。

女児は親に対し許してもらえるよう懸命に手紙に記したが届くことなく亡くなられてしまった。
こんな親に生まれて来てしまった女児が可哀そうで本当に心が痛む。
父親は女児の本当の父親ではない。母親の再婚相手だ。
その父親は当然のことながら結婚をした以上、父親として当然のことながら子供を無上の愛を持って育てるのが当たり前なのにその自覚のないまま、結婚をした。
母親も旦那に捨てられたく無い気持ちから、虐待する旦那に何も言わなかった。
まさに親の身勝手から起きた事件だ。
母親に言いたい。

「あの辛い陣痛にも耐え生命を授かったのでしょ!子は親を選ぶことは出来ないんだよ!子は親しか頼る人が居ないんだよ!虐待されながらも最後まで親を信じ続けていたのですよ!
それでもあなたは、我が子より虐待をする卑劣な男を何故、選ぶのですか!そんな男と一緒に居て幸せなど有ると思うのか!生活が大変でもまだ、子供と二人の生活の方がきっと幸せだったことでしょう・・・」

親としての自覚もなく、大人になりきれていない親が子供を授かる事に問題がある。
そんな親に子供を授かる権利など無い。
今日の日本では、児童相談所が児童虐待相談として対応した件数だけでも103,260件にも昇る。
大きな社会問題にも関わらず、国は殆ど何の対策もしてこなかった事にも問題がある。
罰則を強化するだけでは虐待は防げない。
では、どうするべきか。
それは児童相談所の権限を強めることだ。
警察は事件が発生しない限りは動かない。
児童相談所の職員が虐待の相談や通報が入った場合、家の中を強制的に立ち入ったり、児童との面談を拒まれても強制的に面談をする事が出来る権限を国は与えるべきだ。
それが出来ていたならば、今回の事件で女児は間違いなく助かっていた。
そこまでの権限が与えられていない児童相談所は正直、何の役にもたたない。
今の国会議員に声を大にして強く言いたい!
くだらない国会論争をしていないいで一日も早く、「児童相談所の権限強化について」の議論をするべきだ。
例えが悪いが、少子高齢化の日本国にとっても児童が一人無くなることは、国益の損失にも繋がることになるので最重要課題でしょう。

今回の事件で私は本当に心が痛んだ。
虐待をされて亡くなってしまった女児の写真をテレビで拝見をしたけど、透き通った大きな瞳が本当に可愛らしい女の子だった。
そんな可愛らしい女の子がたったの5年で、この世を去る事になってしまい悲痛な思いだ。
結ばれる愛と書く「結愛」ちゃん、親の愛に結ばれることなくこの世を去ってしまうことになってしまったけどきっと、天国では神様と深い愛で結ばれる
から幸せになって下さいね・・・

結愛ちゃん、もう苦しまなくても大丈夫だよ。
天国で思いっきり沢山、遊んでね・・・


溝の口を中心に不動産探しは仲介手数料半額株式会社 トクガへ!

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ