社長Blog

2018年2月22日 木曜日

受動喫煙防止法

昨夜、家族で焼肉を食べに行った。
子供の寝る時間を考え早めにお店に行ったところ、空いていたので周りの方の迷惑を考え入口付近の席に座った。
暫くすると、通路を挟んで私が座っている席の反対側に若い女性の2人組が座ってきた。
すると一人の女性が上着のポケットから煙草を出しテーブルに置いた。
「うわっ。煙草を吸うんだ。まだ1歳にならない娘と2歳の息子に害だな~」
と、思いながらその方を見た。
すると、その女性は小さい子供と赤ちゃんが居る事に気付きながらも平然な顔で煙草を吸っている。
それを見て思わず怒鳴りそうになったけど、分煙がされていないお店だから言うに言えなかった。

今回、東京オリンピックに併せて国は罰則のある受動喫煙防止法を施行する予定だが、中身が「はっ?」
と思える素案だ。
当初は例外規定を認める飲食店の面積が100㎡以下から150㎡以下へ拡充される予定だったが、当初の100㎡
以下に落ち着くみたいだ。
そもそも、この考えがとてもナンセンスでお客が減るだの何だの飲食店経営者の事を配慮しているみたいだけど、建物内は全て
禁煙(飲食店も同様)にすれば、喫煙者も何処のお店に行っても煙草が吸えないのだから仕方あるまい。と、すんなんり受け入れ
るはずだが、中途半端な規制をするから飲食店側も売り上げの心配をするんだ。
アメリカの統計では最終的には禁煙にする方が売り上げ上がるデータがある。
まー、こんな馬鹿げた素案にさせようとしたのは他でもない、今の政権政党の喫煙愛好家である煙草族議員達だ。
特に年配の政治家には喫煙者が多いと聞くし・・・
こんな政治家に任せていては日本は世界からの笑われ者だ。
世界保健機関の基準では日本は最低ランクだからこの素案が通っても1つランクが上がるだけみたいだ。
何とも情けないと言うか恥ずかしいと言うか・・・
東海道新幹線を見てもわかるようにどこの新幹線は今や全席禁煙は当たり前。
それなのに東海道新幹線は未だに喫煙席があったり喫煙スペースがあったりと時代遅れの電車だ。
政治家が一番よく利用する新幹線であったり、ビジネスマンがよく使う新幹線だからだ。
そう、喫煙者の為に喫煙者が決めている証なのだ。
それなのに安倍総理は美しい日本だの、子育て支援拡充だの綺麗ごとばかり言うが、本当にそう思っているのなら
世界レベルまで禁煙大国に、欧米のような子供に優しい環境創りを口先だけで言うのではなく本気でやっては?
と、言いたい。
今回の受動喫煙防止法の素案がこのままで施行されるようであれば、もう二度と自民党は応援はしないな。
どうなることやら・・・


溝の口を中心に不動産探しは仲介手数料半額株式会社 トクガへ!

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ