社長Blog

2014年12月15日 月曜日

新社屋の看板

20141209_183034.jpg

やっと新社屋が完成した。
1年掛かりの工事だった・・・
会社の引越しも当初は10月位の予定が来年の1月にずれ込んでしまった。
新社屋で年を迎えたかった・・・
ビルの上に会社の看板が設置されましたが、思いの外LEDバックライトが明るくて通行人の方が「何屋の看板?」
と不思議そうに看板を見ている。
確かに「TOKUGA」だけでは何屋さんか分からないですよね・・・
因みに敢えて分からないようにした思惑があるのです・・・

来年には新社屋根で気分を一新させ頑張らないとな。
不思議と会社の借金が増えれば増える程、仕事に張り合いが出て来るのは経営者にしか分からない事であり、仕事を頑張れる源元でもある。
社員と経営者の思考の大きな違いはそこにあり、経営者になると視野がもっと広がり小さいことにも気づくようになる。そして何と言っても責任感の重みが変わる。
これこそが経営者の特権なのかもしれない。
将来、経営者を目指す若者よ、社員で居る間は独立に向けての修行と思え。決して「雇われている」と、思うな。そう思う間は経営者にはなれない。
常に自分が経営者だと思って仕事をしていれば色々なアイデアが思いつき、自然と視野も広がるしお付き合いも広がる。
それが無い間はやはり経営者にはなれないと思う。
これは私の持論だから正しいかは分からないが私は今までそう思い続けてきた。
独立するのは簡単だが、会社を維持させるのが一番、難しい。そして社長の永遠の悩みでもある。
その悩みがまたあるから、頭がボケずに仕事の励みに繋がる。
そう考えると、社長業は色々な刺激があって面白いかもしれない・・・


face book(桜井栄福 個人)
を始めました!
溝の口の不動産探しは仲介手数料半額株式会社 トクガへ!桜 井 栄福



このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ