社長Blog

2011年3月23日 水曜日

福島県相馬市へ・・・

  7.JPG
町の公民館が・・・

今週の月曜から社員と車で福島県相馬市へ向かった・・・
会社で所有しているアパート2棟の被害確認及び、支援物資を届けに行った・・・
常磐自動車道は通行止めになっていたので東北自動車道で宇都宮まで行き(その先は通行止め)そこから下道でひたすら福島市内へ向かった。
着いた時には日も暮れており市内のビジネスホテルで一泊したのだが、市内は人、一人とも歩いておらず、また殆どのお店が閉まっており、市内は不気味な感じだった・・・

8.JPG

  復興に向けて一生懸命に作業をする自衛隊員にお方達 ・・・

ビジネスのホテルに宿泊している殆どの方は救援活動の方やそれに関係する方達だった・・・
次の日の朝早くから車で相馬市内へ向かった。
幸い、アパートに被害は無かったけど、海岸よりの町は壊滅状態だった・・・
連日、テレビの報道で観ている状況とまったく同じだが、実際、自分のこの目で見た私は声が出なかった。しばらく社員と無言でただ、ただ、見つめていた。

11.JPG

遠くに見える建物の先は海・・・ ここまで津波が・・・

会社で揃えた物資及び道中、サービスエリアで大量に買い占めたお水、紙皿、割り箸、カイロ、ウェットテッシュ等を南相馬市役所へ運び、役所の方に渡した。
役所に訪れて居た一人のおばあちゃんが役所の方に「もう、家には食べ物が無い。買いたくてもお店はどこも閉まっているし・・・何時になったら食べ物が貰えるのですか・・・」
と、詰め寄っていた・・・
テレビでは報道されないが、家の倒壊は免れ自宅で退避をしている方達は、もう食料の底がついている。
この方達も被災者なんだと、そこで思い知らされた・・・

12.JPG

奥の畑には軽自動車が・・・今にも倒れそうな電柱・・・

こんな悲惨な状況を実際、目の前にして何も出来ないでただ、車を走らせている自分が本当に嫌になった。
一輪車で一生懸命に瓦礫をかたずけるお年寄り夫婦の姿をただ、呆然と見ている自分がまた嫌になった。
普段、自分のことばかり考えていた自分が嫌になった。
この被災地を目にした方は皆、同じ気持ちになるのでは・・・
一方では、ビックスクーターや車で大音量を流しながら走らせている若者達が居る・・・
節電に協力しない人も居る・・・
このギャップはいったい何なんだ・・・
報道はされていないが、女性の自衛隊員の方も復興に力を捧げていた。
私は自分が情けなく思った。男である自分がスコップ一つ持たずにいて・・・
女性隊員はまだ寒いこの時期に暖房も無い車両の荷台に乗って男性隊員と一緒に頑張っている・・・
本当に心が打たれた・・・また、同行した社員も私と同じ気持ちだった・・・

今、新たに問題が上がっている風評被害。
茨城県や群馬県、福島県などの野菜が一定値以上の放射線の数値を示している為に出荷出来ずに廃棄されている。農家の方達も被災者だ。
この風評被害を止めるには私達、国民ひとりひとりでは、ないのでしょうか。
是非、皆で協力をしてこの風評被害を止めましょう!
そして、一日も早い復旧、復興を皆で心から祈り、少しでも協力出来ることは協力をして、東北地方の復興に役立てましょう・・・

救援活動をされていらっしゃる皆様、本当に頭が下がります。ご苦労様です。
そして被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。
亡くなられた方には、心よりお悔やみ申し上げます。
どうか、どうか、くじけずに頑張って下さい!
そして、また東北地方の方達の優しい笑顔をもう一度、見られることを祈っております。
頑張ってください・・・

溝の口の不動産探しは仲介手数料半額株式会社 トクガへ!桜 井 栄福

 



このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ