社長Blog

2010年10月 3日 日曜日

中国の方はどう思うだろう・・・

今、尖閣問題で日中間がぎくしゃくしている。
中国は強行策に出るだけ出て、今度は沈静化を図ろうとしている。
恐れく、世界の目を気にしているのだろう・・・
その一方、日本は予算審議で、「政治介入があったかないか」のやりとりばかり・・・
こんなやりとりをしている場合か?何故、今後の外交策について話し合えないのか・・・
日本の政治家は揚げ足取りしか出来ないレベルだから官僚にもなめられるのだ。
こんな政治家に国民の税金で多額の議員報酬を支払うことを考えると、まさに議員報酬から事業仕分けの対象にして、一日も早く議員報酬の削減をするべきだ。
話は変わり、先月30日に、日本から東に約1900km離れた太平洋を航行中の中国の貨物船から、乗組員が体調を崩し処置が必要との支援があり、海上保安庁や自衛隊の航空機やへりが日本から飛び立ち中国人船員の患者を都内の病院に搬送した。
船員は安静を取り戻し、今も日本の病院に入院している。
最近までテレビで再放送をされていた「海猿」に出演していた下川隊長じゃないけど、「救助者が誰であろうと、俺達の仕事は人命救助だ!」と、言うあの雄姿場面が私の頭にフラッシュバックした・・・
さて、今回の件を多くの中国人はどれだけ知っているのだろうか・・・特に反日感情を顕わにしている中国人は今回の件を知っているのか・・・もし、知らないのであれば彼らの得意のインターネットで調べてもらいたい。
日本という国は人の命を大切にする国だということを・・・
それにしても、日本のマスコミは何故、今回の海上保安庁などがとった勇姿行動を記事にしないのか・・・
私は今朝の毎日新聞の朝刊で目にした。しかし、読売新聞には記載されていなかった。
私は今の日本のマスコミにも、問題があると思う・・・
人を批判したり、ネガティブの内容ばかりが目立ち過ぎる。もっと、ポジティブな記事や今回のような件をもっと、掲載すべきだ。そしてネット時代なのだから、今回の件を世界にアピールするぐらいのことが出来ないのだろうか・・・「尖閣問題の最中、日本は中国人の人命救助に全力を挙げる」と・・・
諸外国から比べると日本はアピールが下手だと痛感しますね・・・
ま、ともあれ中国人船員の命に別状がなくて良かった。
救助に関係した海上保安庁や自衛隊などの皆様、勇姿き姿は日本の誇りです!ご苦労様でした。


溝の口の不動産探しは仲介手数料半額株式会社 トクガへ!桜 井 栄福



このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ