社長Blog

2006年10月 5日 木曜日

すばらしき経営者の精神力

私のブログ、企業情報誌「カンパニータンク」の弊社掲載欄をご欄頂いた方から、とても素晴らしい人生経験談を頂いたので皆様にご紹介したいと思う。

私は23歳の秋から一度も風邪をひいたことがない… そんなことは無いだろう。
嘘だ。
と疑い思われるのは当然でしょう。だが 私は風邪はひかなかった。ひけなかった・・・
が正しいかもしれない。20歳にR会社に入社し23歳で独立起業した。
元Rマン3名で資本出資しスタートする筈たった。 筈だった・・・というドラマ仕立ての悲劇というのはよくある話しだが まさか自分が主人公になるとは思いもよらなかった。
まさに 筈だった男・・・である。
突然二人が起業メンバーを降りると言う まさかの出来事。それで一人でスタートを切ることになった。しかし私の個人資金は3年間の歩合で貯蓄した80万円の小金だけ、小スペースの事務所を借りれば資金はショートする。悩み立ち止まり考えた、一人で出来るのだろうか・・・
思い悩んだあげく出した答えは南の島へのフライトだった。沖縄にひとり旅 マリンブルーの海と白い珊瑚に身を投げ出してしたら曇っていた心はすっかりと晴れた。人間なんて単純な生き物だ 精神的な開放で悩みや曇りは解消できてしまうものだ。
まぁ解消はよかった話しだが、贅沢な旅行で資金は20万に激減した。その時に判った事は金は無いほうがいい。無いからこそ稼げる自分になれる。そこから命を削りながら必死に始めればいい・・・23歳の若さだからこその体当たり的な発想だ。
私は東京に戻り事務所を借りずに自宅の部屋に中古の机2台と電話回線1本を引いた。
ほか諸々の準備で資金は全て尽きた。今にも壊れそうな音がする中古のコピー機は友人からのプレゼントだった。
たった6畳の部屋は机・椅子・コピー機で布団を引き眠るスペースもなくなった。 
ゼロからのスタート真剣勝負の毎日。一日があと8時間足りなく感じた。文無しの私の唯一の食事である 塩おにぎりが天使に見えた。具なしの味噌汁に幸せを感じた。 
それから17年 5回におよぶ業務拡大の移転で どうにか企業らしくなった。そして39歳の冬に同社専務に会社を全譲渡して退任。サラリーマンに・・・
そして3年が経過しS新聞の編集次長へ。 
そう 書き忘れるところでした。
私は風邪をひかない秘策は・・・ 風邪をひいても決して風邪とは認めなかったから。
ただ単に熱が39℃あるだけ。ただ単に咳が止まらないだけ。ただ単にフラフラするだけ。
病を認めれば気負けして体調を崩す。認めなければ病に負けることはなかった。
そんな勝手な“思いの強さ”が必要だった。 それは経営者も社員も同じ、そして その思いの強さは自分にとって最大のバネになり巨大な精神武器となった。

皆様は、読まれてどんな感想をお持ちになりましたか?
私の感想は、「お若い頃からとても苦労をなさった方なんだ。そのご苦労があったからこそ、素晴らしい経営者となり、そして胸を張れる今の自分が存在出来るんだなー。」と、感想を持ったのと同時に勉強にもなりました。特に経営者としての精神力は凄いものをお持ち方だと感じました。
まさにその強い精神力があるからこそ風邪をひかないのであろう。
私もT様を見習って頑張って行きたいと思う次第であった。
T様、これからも更なるご活躍を期待しております。

株式会社 トクガ                                       桜井 栄福



このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ