社長Blog

2006年7月30日 日曜日

不動産仲介手数料の相談

本日、クライアントより私のところへこんな相談があった。
「A仲介業者の営業マンに溝の口にある不動産を案内してもらったが、その時は夫婦の意見がまとまらずに結論が出せなかった。その後、毎週日曜日になると不動産を見て回ったが、中々自分達の条件に見合う物件に出会えず半ば諦めていた時、たまたま以前に案内されて見た事のある溝の口の不動産の前を通ったところ、他のB仲介業者で現地販売会をされていたのでちょっと寄ってみた。
すると営業の方が中を見せて下さり、丁寧に説明もして下さった。
説明を聞いてるうちに、その不動産が段々と気になり始めてしまいまた、その営業マンも信頼が置けそうな方でしたのでお申し込みをする事にした。
そして後日、そのB仲介業者の事務所で契約を結びました。
ところが、それを知ったA仲介業者の営業マンがこの物件を最初にご紹介してご案内をしたのは弊社なので、弊社に仲介手数料を支払って頂きます。と、強い口調で言われた。
この場合、A仲介業者にも仲介手数料をお支払いしないと行けないのでしょうか?」
と、こんな相談を頂きました。
お答えします。
A仲介業者に仲介手数料を支払う必要はありません。
何故ならば、確かに最初にその物件を知り得たのはA業者からの情報であり、案内もしてもらった。
しかし、A業者は最終的にはお申し込みを頂く事が出来なかった訳ですので支払う必要はありません。しかし、A業者でお申し込みをしていながらB業者を通して契約をしてしまうと、話しは変わってきます。
不動産の仲介にはこのような事が日常茶飯事であります。今は昔と違ってユーザーはインターネットや他の情報誌を利用して情報を得る事が出来ますので、弊社を含め仲介業者は正直、大変です。
でも、これは時代の流れですので、昔のような「その不動産屋に足を運ばないとその情報が得られない。」と言うよな事は無くなりつつありますし、ユーザーから見れば情報が簡単に手に入る訳ですのでオープンで良い流れと私は思います。勿論、私のこの考えに批判的な同業者の方もいるのは百も承知ですが・・・
今回のケースは同業者としてA業者には少し気の毒に思いますが、一生にそうそう買うことのない高額な買い物ですので、ユーザーは少しでも信頼のおける営業マンまたは業者から買いたいと思うのは当然の事だと思います。
このような不動産についての相談や悩み事があれば、いつでもご相談に応じますのでお気軽にお電話なりメールを下さい。

 

 

 

株式会社 トクガ                                       桜井 栄福



このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ