社長Blog

2006年4月 2日 日曜日

尊敬する昔の上司

小杉とあざみ野に2店舗を構え、日々成長を続けている会社がある。その会社の経営者は昔、私が少しの間であったがお世話になっていた会社の上司だ。(以降、社長と呼ばせて頂く。)
今でも良きアドバイスを頂きながらお付き合いをさせて頂いている。
これから何故、私が尊敬するのかを説明します。
昔は上司と部下の関係であったので当然のことながら「桜井」と呼ばれていた。しかし、私が微力ながらも会社の経営者となった後は私のことを当たり前のように「社長」と呼ぶのです。私は「その呼び名はやめて下さい。桜井で呼んで下さい。」と言うと、さり気なく一言「それは良くない。お互い経営者になれば立場は一緒。年の差も関係ない。むしろ、あなたの社員の方へ失礼にあたる。」
私は正直、驚いた。その社長も、独立した頃は若いというだけでなめられ、時には鼻で使ってくる人もいたらしい。でも、その悔しさをバネにして「いつか会社を大きくして見直してやろう。」と、強い思いが今日の社長だ。そのせいか、その社長の周りにはバイタリティーのある若き経営者が自然と集まって来ては色んな会合をしている。(勿論、私もお粗末ながら参加させて頂いている。)
その集まりの中にも、またまた私が尊敬する社長がいる。稲城に会社を構え、別会社で平間と溝の口にも出店しているとてもバイタリティーのあるお方だ。その方もまったく同じ理念を持っている。
何時かはこのお二人の社長と肩を並べられ、良きビジネスパートナーとしてやって行ける事を目標に日々邁進して行きたい。
最後に、私の尊敬するお二人の社長へ一言。「日本社会は未だに若いと言うだけで信用もされずなめられてしまう事が多々ある。でも、それを克服して頑張っている社長を見ていると私の活力になります。未熟な私ですが、これからもご指導の程、宜しくお願い申し上げます。」
追伸、経営者にとって一番大切な事は健康だと思います。夜のお付き合いは大変ですが、お酒は程々に・・・・・ペコリ
                                   株式会社トクガ
                                     桜井 栄福



このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ