社長Blog

2006年3月31日 金曜日

健康である事が一番の幸せかも・・・

今日、私は普段からお世話になっている同業の社長さんのお見舞いに慈恵医大まで行って来た。
幸いの事に軽い脳出血で、薬と点滴の治療で完治出来るとの事。(ホットした。)
でも反面、社長さんはまだ四十歳前半と若く、スポーツマンでもある。それなのに「何故?」とも思った。
私の従兄弟も去年、心筋梗塞で39歳という若さで幼稚園に上がる前のお子さん2人と奥様を残してこの世を去ってしまった。お子様はまだ、父親の死が理解出来ないらしく「パパを起こさなくていいの?」と何度も言っていたのが今でも私の耳から離れない。遣り切れない気持ちでいっぱいだ。
私は今まで若いというだけで過信していたが、従兄弟の件、今回の社長さんの件で考え直させられた。
そんな中、日本では毎日のよに人が殺されたり自殺したりと人の命が簡単に失われている。
最近では、川崎市多摩区のマンション15階から小学生が突き落とされた(当初は事故と推測されていたが、このところに来て事件性が増してきた。)可能性がある。といったニュースであったり、理由もなく人の命が奪われている。何故、こんな日本になってしまったのか?TVゲームの影響か?親の教育か?
私が思うに人の命を平気で奪ってしまう犯罪者(多くは少年犯罪に言える)は恐らく、小さい頃から人と触れ合う機会が少なく自分の世界に入り込みやすい人達だと思う。子供は友達と遊んだり喧嘩をしたりしながら集団生活でのルールを覚えたり、時には親に叩かれ痛みを感じながら善し悪しを覚えたりと成長して行くものだと思う。しかし今の社会はどうでしょう?子供が外で遊ばなくなっていませんか?朝から晩まで勉強させたり、毎日TVゲームをさせたりと・・・悪いとは言いませんが外で友達と遊ばせ、人と触れ合う機会をもっと与えても良いのではないでしょうか?私は中学卒業後、高校・大学と全寮生活をしてきました。毎日、同じ顔を見るのですから、ささいな事で喧嘩をしたり先輩に呼び出され殴られたりと大変だった。しかし、生活しているうちに分かりました。「集団生活では相手を思いやり、時には我慢し譲る気持ちが大切」と言う事を・・・
それを体得出来ないと集団生活はやって行けないし、体得出来なかった人は自然とやめて行った。ある意味、今の日本の教育には寮生活という人と触れ合いながらの集団生活が必要かもしれませんね。
生意気かもしれませんが、私が学校の先生であったならば、まず子供達に人との触れ合い方を教えてあげたい。勉強は二の次でも良い。 まずは人間性から・・・
                                   株式会社トクガ
                                     桜井 栄福



このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ