社長Blog

2017年7月 3日 月曜日

都議選の結果、自民党の大敗

今回の都議選は一言で言うと、国民が自民党にお灸を据えた選挙結果だった。
当然と言えば当然の選挙結果であった。
この数ヶ月、安倍総理の国会運営は怠慢であった。
森友学園、加計学園の問題では、野党の質問に真摯に向き合おうとせず、支持率の高さ
から怠慢な態様であり、国民から見ても「おかしいでしょ。きちんと説明責任を果たせ。」
と、誰もがそう思ったであろう。
また、都議選中には次から次へと、自民党の国会議員のスキャンダルがボロボロと出て来る始末。
下村議員の加計学園からの献金疑惑、豊田議員の元秘書への暴言・暴行疑惑、稲田防衛大臣の失言問題、
等、出るわ出るわでボディーブローのように徐々に自民党の支持率は下がった。
その結果、今回の都議選で自民党都議連は大敗退をした。
これはまさに東京都民の有権者が国民を代表して今の安倍政権に「真摯に疑惑の解明をしろ!アホな大臣は辞めさせろ!
政権はもっと襟元を正せ!」
と、言った声がこの選挙結果になった。
千代田区の選挙区から立候補をした自民党推薦の中村彩氏は、落選した後の取材陣の前に、国政への恨み節を述べていた。
言いたくなるのも当然の事でしょう。
むしろ、自民党の推薦を得て立候補をした方は被害者ですよ。
今回の中村彩氏のコメントを安倍総理を始め、自民党執行部は真摯に受け止めなければ、次回の国政選挙に必ずまた大きな
影響となることでしょう。
今後の安倍総理の国会運営を注視して行きたいと思う。

溝の口を中心に不動産探し仲介手数料半額株式会社 トクガへ!



このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ