社長Blog

2017年5月26日 金曜日

官邸の影響力の凄さ

森本学園の問題が解明されない中、加計学園の問題も明るみになってきた。
文科省の事務方トップだった前川前事務次官が安倍総理に歯向かった。
すると、官邸が口封じの為に前川前事務次官のスキャンダルをマスコミにリークした。
これは私の想像だが、恐らく大多数の国民はそう思うのではないか・・・
ようは、前川前事務次官が当時の天下り問題の責任を取って辞職し、その腹いせに安倍総理と加計学園の問題をマスコミにリークし、官邸サイドは口封じさせる為にも前川前事務次官のスキャンダルをマスコミにリークさせた。
自然に考えればこのように想像する事が出来る。
いずれにせよ、森本学園問題にせよ加計学園問題にせよ、安倍総理は少なからず黒に近いグレーであると私は思う。
それでも官邸サイドは証拠が無いだのいいがかりだのと言って正面から向き合おうとしない。
これはやましい人がよく起こす行動だ。
籠池前理事長にしても前川前事務次官にしても、安倍総理に歯向かった者はとことん、潰される。
まさにどこかの独裁者と変わらない。
これが安倍総理の本当の姿なのだろうか。
だとすれば、とんでもなく恐ろしい事だ。
権力と闇の力でマスコミを自由に操りそして傲慢なやり方で憲法9条を変えて行く。
そして歯向かう者は容赦せず、潰される。
官僚も国民も怖くて何も言えず、安倍独裁政治が続く。
今の野党には力もなくどうする事も出来ない状況の中、やはり国民が声を上げるべきではないか。
疑惑の持たれている事案は逃げるのではなく、正面を向い真摯に解決させる。
この方が返って国民から支持をされるでしょう。
しかし、正面を向き合おうとしないのだから、やはり疑われても仕方がない。
まー、高支持率をキープしているから逃げ切れると思っているのでしょうが・・・
日本国民はこの数年で徐々に窮屈にさせられている事に気付いた人は何人程、居るだろうか。
国民は知らず知らずのうちにジワジワと国に監視されていく。
それは本当に怖いことだ。
そんな窮屈な日本に住み続けなければならない国民は一番の被害者であることを国民一人一人は理解をした上で
真剣に考え選挙に行って貰いたい。
国民は選挙でしかものが言えないのだから・・・
そして最後に官僚の皆さん、官邸に人事権を牛耳られているからと言って官邸の顔色を伺って仕事をするではなく、本来あるべき
官僚の姿、それは常に国民の為に仕事をする。
これを忘れないで貰いたい。

溝の口を中心に不動産探し仲介手数料半額株式会社 トクガへ!



このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ