社長Blog

2015年9月18日 金曜日

受動喫煙の被害に遭う子供

先日、信号待ちの際に渋滞でノロノロ運転をしている車に何気なく、目がいった。
母親が運転をして助手席にはその母親の子供であろう低学年位の可愛らしい女の子が乗っていた。
母親は渋滞でイライラしていたのか、少し窓を開けて煙草を吸いだした。
運転席側しか開けていないせいか、煙が子供の方へ流れ子供は手で煙を仰ぐような素振りをした。
明らかに煙を嫌がる女の子。
その姿を母親は見向きもせずに平然と煙草を吸っているではないか。
何とも無神経な母親だ!
私は思わず「お腹を痛めて産んだ大切な大切な我が子が煙で苦しんでいるのに何とも思わないのか!」
と、心の中で叫びながら、その母親を睨みつけた。
いや、無意識に睨みつけていた。
こんな無神経な母親は母親として大失格だ!
子供の綺麗な肺が母親によって汚されているのだからDVと同然だ。
煙草を吸うなとは勿論、言わない。吸う以上は非喫煙者の前では絶対に吸うな!
これは喫煙者の最低限のマナーだ。
日本は未だに分煙をされていない飲食店などが多数、存在している。
一刻も早く、店舗・事務所・商業施設などの分煙の義務化を法律で義務化する事を願いたいものだ。

溝の口を中心に不動産探し仲介手数料半額株式会社 トクガへ!

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ