社長Blog

2015年5月18日 月曜日

大阪都構想

大阪都構想の賛否を問う住民投票の結果、僅差で都構想が否決された。
20~50代で5割以上の賛成票があった一方、60代以上の反対票が過半数以上で結果、否決となった。
この数字だけ見ると、若い世代は無駄を無くし少しでも
節税をして自分達の世代につけが回らないよう、賛成票を投じた可能性がある。
一方、60代以上の有権者は高齢者福祉などの不安から反対票に投じた可能性がある。

そうだとすると、今回の住民投票はある意味、若い世代とご年配世代の戦いみたいなものだ。
私個人の感想としては、可決してもらいたかった。
日本の民主主義では改革を反対する側は大抵、住民に恐怖心を与える傾向がある。
改革となれば〇〇〇が駄目になるだの税金が上がるだの住民サービスや福祉に影響するだのと、やたらと有権者を脅す。
しかし、現状はどうなの?と、いつも思う。
確かにシニア世代がこの国を豊かにしたのは事実だ。しかしそれと同時に国の借金、地方の借金をここまで増やしたのも事実。
それでいて、福祉に不安があるから等などの理由で反対票を投じたならばそれは間違いではないだろうか。
それでは若い世代の方があまりにも可哀想だ。
シニア世代のつけを回されてしまうのならお互いにリスクを背負い、この国の未来を考えるべきだと私は思う。
日本人は変化を極端に嫌う人種であり保守的な人種だ。
これでは本当にこの国の未来が心配でならない。
これから先、益々の高齢化に伴い政治家達は選挙の度に高齢者優遇制度で票集めをするだろう。
そんな政治家だけには絶対に票は投じられないな。

溝の口を中心に不動産探し仲介手数料半額株式会社 トクガへ!

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ