社長Blog

2012年6月23日 土曜日

野田総理に問う

昨日、同業者の方と仕事で霞ヶ関付近を車で走っていた。
国会議事堂付近に点しかかると、「原発再稼動反対」のデモが行われていた。
ニュースでは知っていたが・・・
このデモは当初は少人数であったが、ツイッターなどの呼びかけで序々に増え今では1000人を超える大デモになったらしい・・・因みに毎週金曜日の夕方位から始めるらしく、仕事帰りのサラリーマンやOLさんも参加をされているとのこと。
野田総理はこの国民の声をどう受け止めているのか・・・
総理は「安全が確認出来たので大飯原発を再稼動する」と、おっしゃったが免震棟もなければ津波対策もまだの大飯原発が何故、安心と言えるのか!
東電の清水前社長も福島の原発事故で「免震棟が非常に重要な役割をした」
と、原発のプロがおっしゃっているのにも関わらず総理が何故、安全と判断を出来るのか理解に苦しむ・・・
すでに国民は電力会社や政府の言うことを信じていない。いや、信じられなくなった。
あれだけの大事故を起こし、そして世界中に迷惑を掛け、そして未だに非難を強いられている人、風評被害で苦しんでいる人、たくさんの人が現在も苦しんでいるこの現実を野田総理は肌で感じないのか・・・
確かに電力は国民や企業には欠かせないものだ。
しかし、本当にこのまま変わらず原発を推進して良いものなのか。
3.11の記憶がある今、根底から見直すべきものではないでしょうか。
私は消費税の引き上げに理解をしている者だが、消費税よりも将来の原発のあり方の方がとても重要だと思うのだが・・・
野田総理は経済優先なのか。経済も確かに大事だが、国民の生活に関わる原発問題も大事だ。
民主党は「国民の生活が第一」と掲げているが、総理、今のあなたは本当に国民の生活が第一と、国民の前で言えますか?今のあなたから聞こえて来るのは、「官僚の考えが第一」「霞ヶ関の生活が第一」「財務省の考えが第一」と、聞こえてならないのですが・・・
原発問題は非常に難しい問題なのは百も承知です。
わたくし個人的には、行く行くは原発ゼロを望んでおりますが、すぐにすべての原発を廃炉にするのは非現実的だと思います。しかし、今回の大飯原発再稼動については、橋本大阪市長のおっしゃる通り、今年の夏を乗り越えたならば、再度、停止するべきだと思う。限定的な再稼動を強く望みたい。
何か起きてからでは済まない問題であり、一国の総理が「責任は私にある」と、言いつつもどう責任を取るの?
国民に謝罪をして辞任をすれば、済むこと?それで責任を取ったと言えるのか・・・
やはり、国民全員の問題でもあるので、一度、選挙で民意を問うべきだと思う。
これが本当の開かれた民主主義ではないのでしょうか。
総理、あなたの決められる政治、前に進む政治手法を見て関心するところもありますが一方、国民に目を向けない政治のやり方には憤りを感じます。
どうか、もう一度、街頭演説をしていた頃のあなたに戻って考え直して下さい。
政治家は有権者が居て初めて政治家になれるのですよ!


溝の口の不動産探しは仲介手数料半額株式会社 トクガへ!桜 井 栄福



このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ