社長Blog

2011年4月22日 金曜日

被災者のストレスも限界に・・・

昨日、菅総理が被災地の避難所を訪れた際に被災者の方が総理の帰り際に
「もう帰るのですか!」
と、総理に詰め寄る姿が報道されていた。
菅総理はひたすら平謝りをしていたが・・・
この報道を見て思いました。
プライバシーもない避難所で1ヶ月以上、非難生活を強いられていればストレスも限界に達するだろうし、誰かに愚痴の一つや二つも言いたくなるだろう・・・
もしも、私が非難生活をしていたらきっと、冷静ではいられないだろう・・・
でも、政府が新たに非難区域を設定したのも、国民の生命を優先してのことであるので、色々な意見はあるだろうが私は理解が出来る。
政府の対応をマスコミは批判し、その記事を読む国民もまた、マインドコントロールされたかのように批判する。
言論の自由であるから悪いとは言わないが、マスコミはもう少し違った角度で報道をしても良いのではと思う。
それと、今年度の一回目となる政党交付金(9党で約79億円)が交付された。
(共産党は制度そのものに反対しているので受け取っていない)
何故、この未曾有の危機の中、政治家だけは痛みを共感しないのかと思う。
財政難の中、これからの復興に莫大なお金が必要とされているのだから政党交付金を交付された各政党は半分でもいいから返納しそのお金を復興財源に充てるべきではなないのでしょうか。
このようなことをマスコミは大きく取り上げるべきだ。
この国の政治家には心底、嫌になります・・・
一番の税金の無駄遣いは高額な議員報酬であり、無駄に多い議員数、これにメスを入れられる芯を持った政治家はこの国に本当に居るのか・・・
恐らく居ないだろう・・・
私はこの事に一番のストレスを感じる・・・

溝の口の不動産探しは仲介手数料半額株式会社 トクガへ!桜 井 栄福



このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ