社長Blog

2011年4月14日 木曜日

政府の隠ぺい?

政府は福島第一原発の状況をレベル7に引き上げた。
何故、今更? と、国民の大半は思っているでしょう・・・
私もそのうちの独りだ。
3月15日と16日に3回の大きな放射能の放出が福島第一原発の正門付近の計測地で観測されている時点ですでにレベルは上げるべきだあった。
勿論、震災直後にレベルを上げると言うことは、更なる混外を招くのは分かるが結果、今となっては政府は隠ぺいした。政府は信じられない。と、国民はそう思ってしまう。
世界各国でも「レベル7への引き上げは事態の悪化というより、日本政府が当初から事故を縮小評価したことを示す」、「日本政府には事故の深刻性を隠ぺいした疑惑がもたれている」などを指摘されている。
震災から今まで政府の対応については後手後手が目立つ。
この原因の一つは各省庁の官僚達を使いこなせていないことではないか・・・
すべて総理官邸で指揮、許可していたのでは人手も足りないしい有能な官僚の知恵も使えない。
これが民主党が訴えてきた政府主導の政治ならば、これは大きな間違いだ。
それに与党内からも菅総理の対応を批判している。
これもどうかと思う。
鳩山前総理(個人的に総理とは呼びたくはないが・・・)は菅総理の対応を批判し、私なりにベストな方法を考える。と、言っていたが、普天間の基地問題にしても、学べば学ぶほど・・・うんぬん言っていたあなたにそんな能力はあるのかと、思ってしまう。
恐らく、またお坊ちゃまの寝言で終わるでしょう・・・
あれ程の詐欺氏で酷い総理は過去にはいないでしょう。
今の政治家を見ていると、野党も与党も表向きは復興、裏では政局の事しか考えていない気がしてならない。だから、こんな時に大連立を仕掛けてみたりするんだ。
それと、復興財源が無いと言い税金を上げるのであれば、議員の定数削減をまずしろ!と、言いたい。
震災後に復興に力を入れている政治家なんてごくわずかに過ぎない。
殆どの政治家は今、何をしているの?と、思う。
まずは復興財源確保の為にも議員定数の削減!
国民から政治家の信頼を取り戻すにはまずはこれからだ!


溝の口の不動産探しは仲介手数料半額株式会社 トクガへ!桜 井 栄福



このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ