社長Blog

2010年11月25日 木曜日

恐ろしい北朝鮮

北朝鮮が韓国の延坪島を砲撃したことに朝鮮半島情勢が緊迫している。
今月28日から始まる米韓共同軍事演習が予定通り始まれば北朝鮮は新たに砲撃をすると米側に伝えたが、果たして米韓はどのように対応をして行くのか注目が集まる・・・
そんな緊迫した中、日本の危機管理体制はどうなっているのか気になってしまう。
日本も対岸の火事とは言えない。ないとは思うが万が一、戦争ともなれば日本は標的にされるのは明らか・・・
佐世保や横須賀の米軍基地はミサイルの標的になるだろう。
60年前の朝鮮戦争で北朝鮮は苦い痛手がある。最初は北朝鮮がソウルまで進激して有利にたっていたが、アメリカが横須賀や佐世保の基地から出撃して本格的に参戦をした結果、情勢が逆転し北朝鮮は後退していった苦い痛手であるので戦争ともなれば真っ先に米軍駐留基地が標的になるだろう・・・
さて、こんな緊迫情勢の中、日本はどのように対応をするのか?国民をきちんと守ることが出来るのか?
正直、不安で仕方ない。実行力、決断力に欠けてしまう管総理に国民の命を守ることが出来るのか・・・
政府は危機管理を持って、その場凌ぎのような対応にならないように今からあらゆる方面に対応がとれるような体制を整えてもらいたい・・・
それにしても北朝鮮のような独裁国家は怖いですね。そんな国が身近に存在しているのですからやはり、国民全体が危機意識を持たないといけないことを改めて思い知らされた・・・


溝の口の不動産探しは仲介手数料半額株式会社 トクガへ!桜 井 栄福



このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ