社長Blog

2010年11月14日 日曜日

誰が守る・・・

連日のように尖閣での中国漁船映像流出問題が報道されている。
映像を流出した海保職員は月光仮面のように英雄なのか・・・
私は英雄として彼を見守りたい・・・
彼が映像を流さなければ、国民は真実を見ることが出来ないばかりか、闇に葬られてしまう可能性があった。
政府は一部の議員だけに視聴させたり、前原大臣が「映像を見れば相手方が衝突してきたのかは明らかだ。と、分かる」など、国家機密をこれだけ公けにして機密と言えるのだろうか・・・
しかも、機密とされる前に海保のネットワークで誰もが自由に閲覧をすることが出来たのだから機密とは言えない。ようは政府の後手後手対応がこのありさまになった。
政府にはホント、呆れてしまう。外交音痴、経済音痴、何をやっても音痴、国のトップである政府がこれだから中国を始め、ロシアにも攻められてしまうんだな・・・
それにしても、可哀そうな海保職員・・・
日々、命掛けで領域を守っている海保が国のトップのあいまいな態度でどう、士気を高めることが出来るのか。無防備で命を張って頑張っている海保職員の気持ちを政府は理解をしているのか・・・
今回の件は明らかに仙谷官房長官の陰謀だ。一度、仙谷さんを巡視艇に乗せて尖閣沖を監視させてみては?
または海保に体験入隊させるとか・・・そうすれば彼らの命掛けで領域を守ろうとしている気持ちが少しは分かるのではないか。自分が指示をしたことが、いかに国民の考え方とかけ離れていたのかを分かるのではないか・・・
毅然とした対応をとらなかった責任はむしろ、海保職員の守秘義務違反よりも重い・・・

溝の口の不動産探しは仲介手数料半額株式会社 トクガへ!桜 井 栄福



このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ