社長Blog

2010年9月25日 土曜日

尖閣諸島問題・・・

今回の尖閣諸島付近での中国漁船船長の釈放を皆さんはどう思いましたか?
明らかに中国の圧力に日本は屈服した格好になったと感じられたのでは・・・
仙谷官房長官はあくまでも那覇地検の判断と言うが、一地検が政治的な判断をするはずがない。
仮に100歩譲って地検が判断したとなれば、日本の法治国家の崩壊に繋がりかねない。
まさに政府が関与したのは明白でしょう・・・
今朝の新聞にお隣の韓国からも「日本が白旗を上げた」と、報道されているし、ベトナムも中国と南シナ海領有問題を抱えているだけに、日本が妥協してしまったことにショックを受けている。
日本の弱腰外交をアジアを始め世界に披露したようなものだ。
また、海上保安庁が撮影した漁船衝突時の証拠のビデオを地検が見せても、先日の地検特捜部の証拠偽造問題を上げて中国は「地検が提出した証拠ビデオは偽造されたものだ」と、言って突っぱねたことでしょう。
完全に足元を見られてしまっている日本・・・
それに、このまま日本の法に基づいて粛々と進めていたら、日本経済にもっと影響が及んでいただろう・・・
その証に、中国が禁輸とも取れる日本へのレアアースの輸出を禁輸し日本に強い圧力を掛けた。
禁輸が明白ならば、中国は差別的措置を禁じているWTO(世界貿易機関)のルールにに抵触するのでは・・・
中国はもうすぐ経済大国第2位となる国家なのだから、これからは紳士的に国際ルールを遵守する国家になってもらいたい。自己主張だけではいずれ、世界から批判される国になることでしょう・・・
そしてこの国、日本は長期的な戦略的な国家ビジョンが空洞化してしまった現在を早急に建て直し、この国の将来ビジョンを示す必要がある。(示してはいるが、短命政権が続く状況ではビジョンがころころと変わり示したことにならない。)それには与野党を超えて政権が変わっても将来的に実行に移すルール造りが必要ではないのでしょうか。
今回の件で民主党は二つの大きなことを学んだ。
一つは、改めて日米同盟の重要さ。もう一つは、中国との政治的なパイプを持つ大切さ。
未熟な政権だということを改めて政府は感じたのでは・・・
中国やアメリカを見てつくづく感じましたね。短命政権では諸外国から足元は見られるし、国家ビジョンを示せないことを・・・

溝の口の不動産探しは仲介手数料半額株式会社 トクガへ!桜 井 栄福



このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ