社長Blog

2009年6月18日 木曜日

景気が底打ち・・・

政府は6月の月例経済報告から「悪化」の表現を削除し、事実上の“景気底打ち宣言”をした。
日銀も景気の現状判断について「下げ止まりつつある」との認識を示したばかりだ。
これで日本経済に薄日が差してくることに期待をしたいところだが、本当に底打ちをしたのか疑問に思う。
完全失業率は5%の大台に乗り、夏のボーナスも軒並み減額。雇用・賃金情勢の悪化から個人消費の持ち直しも力強さに欠け、庶民の景気実感は「底打ち」にはほど遠いのでは・・・
しかし、不動産市場では明るい日差しが見え隠れしている。
それは、需要と供給のバランスにある。
マイホームを買いたいというクライアント(需要)がいるのに対し、商品が極端に少ない(供給)
そうです。分譲マンションにしても分譲住宅にしても商品が少ないのです!
弊社の分譲住宅も完成前に完売してしまったり、公開する前に完売したりと、この不景気では考えられないことが起きているのです。
これは明らかに市場が供給不足に陥っている時の現象なのです。
私はこの時期を最高のビジネスチャンスだと思っております。
供給不足の時期にこそ精一杯、供給し、供給過剰の時期には慎重に供給する。
私のビジネスの基本姿勢です。
景気が良い時には誰でも会社を成長させることは出来る。
しかし、景気が悪い時にこそ、会社を成長させることが出来れば、それは芯の成長であると私は思う。
この絶好のビジネスチャンスを是非、確実に掴んで行けるように日々、邁進したい・・・

溝の口
の不動産探しは仲介手数料半額株式会社 トクガへ!桜井 栄福


このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ