社長Blog

2007年9月30日 日曜日

「いただきます」「ごちそうさま」

ある雑誌にこんな記事が掲載されていました。
都内に住む40代の主婦が小学生の息子に
「給食費を払っているのだから、いただきます・ごちそうさま は言わなくていいのよ。」
と、子供にとんでもないしつけをしている親がいるらしい・・・
私はその親に声を大にして言いたい。
それは違うんじゃないの?「いただきます」「ごちそうさま」の趣旨は農家の方がお米の一粒一粒を大切に育てて下さった感謝の気持ちを込めた言葉だと・・・
私は小さい時に母からそう教えてもらった。
「いただきます」「ごちそうさま」を言うのは当たり前の事だと私は思うのですが、この当たり前の事が今日の
日本から消えていっているような気がする。この原因は何なのだろうか・・・豊を得た代償なのか・・・
日本の良き伝統はどこへ行ってしまったのだろうか・・・子が親を殺したり、親が子を殺したりと常識では考えられない事件が連日のように起こっている。日本は年上を重んじる国だったはずが今は・・・
これは深刻な社会問題だと思う。日本の良き伝統を取り戻す為にも国を挙げて人間としてのマナーや常識と言った教育問題に取り組んで行かなければならない時期に来ていることを感じてならない。

株式会社 トクガ                                       桜井 栄福

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ