社長Blog

2006年11月12日 日曜日

不動産の相場がおかしい?

ここ最近、不動産の相場がおかしく思うのは私だけか?
もうご存知の通り、不動産の相場が上がっているのは確かだ。
業者間での取引では、連日、異常な程に高い金額で取引されている。
この価格はエンドの価格(最終的に市場に出る金額)だろうと思うような価格で業者は買われて行く。
当然、仕入れが高い分、市場に出る価格も高い。
しかし、冷静に考えてみるとエンドユーザーはその価格を支持していないように思える。
確かに人気エリアではそれなりの価格でもユーザーは買われている(支持されている)が、そうでないエリアは果たしてどうか?
私の感じるところでは、ユーザーは支持していないように思える。
どのエリアも価格が上がっているのであれば値下げする必要は無いと思う。
では、何故、値下げをする不動産があるのか?それは簡単だ。ユーザーにその価格が支持されていないからだ。(ユーザーはこの物件は高いと思っている)
と、言うことは何処でも上がっている訳では無いと言えないか?
ようするに、業者間ではエリアを問わず上がってはいるが、市場は、上がっているエリア、そうでないエリアに分かれているようだ。
私はこの現象を
不動産の二極化だと思う。日本全体では都心と地方の二極化が進んでいるのは分かるが、もっと小さくみて同じ市内、又は区内でも二極化が進んでいるように思えてしまう。(ちょっと極端かな?)
しかし今のこの状況が続けば、業界内では必ず大変な事が起きるだろう・・・
これは何処の不動産屋さんも思っていると思う。(う~ん、不動産は本当に難しいな~。)
弊社もそうならない為には常に、市場を見ながら冷静な判断をして行かなければいけないな~。

株式会社 トクガ                                       桜井 栄福









このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ