社長Blog

2006年4月17日 月曜日

毎日の掃除・・・

私は毎朝、家の前を掃いて会社に行く。会社に着くと私を含めて社員皆で掃除をする。毎日、トイレ掃除・拭き掃除・掃除機掛け・窓拭き・外の掃き掃除とあるが、特に役割分担は決まってはいないが外の掃き掃除は主に私が担当だ。と言うより私は外の掃き掃除が好きなのです。朝は外の新鮮な空気が吸えるし何と言ってもご近所の方を始め、色んな通行人の顔が観察出来て楽しい。朝から不機嫌そうな顔をしている人、今日一日の仕事を考えている人、音楽を聴きながらご機嫌な人、色んな人がいて中々楽しい。また、ご近所の方と立ち話をしながら近所の情報も聞けるし、そういった事で私は外の掃き掃除を選んでいる。そこで社員に掃除とは何なのかを教えたい。私の考えは会社の毎日の掃除は非常に大切な仕事の一環であると思う。それは掃除をしている時は誰にも邪魔されない一人の時間でもあるので、今日一日の仕事の段取りを考えたり、頭の中で仕事の整理をしたりと結構、考える事が出来る。私自信、掃除の時間に色んな事を考え付くので一番好きな時間帯でもある。それからお客様を迎えるにあたり事務所が汚いのは失礼にあたるし整理整頓が出来ていないのもこれまた失礼にあたる。綺麗な事務所で不機嫌になる人はいないだろう。私も色んな会社に出向くが、汚い事務所、整理整頓が出来ていない会社に行くと、「信用出来る会社かなー?きちんとした取引が出来るかなー?」と思う。今まで色んな社員を見て来たが、掃除が出来る社員は整理整頓も出来るし仕事がきちんとしている。逆に掃除の出来ない社員は整理整頓が出来ないので書類をよく紛失したり、何処か仕事が抜けていたりときちんとした仕事が出来ない。中には「やらされている」という気持ちでいる社員は、やはり良い仕事はしないし、言い訳が多い。また、掃除をしている振りをしている社員は、お調子者で要領が良いが信用出来ない。特に不動産に多事触っている以上、掃除が出来ないのは致命傷だ。何千万、時には何億もの取引をするのにミスだらけの仕事をしていたら大変な事になるし、お客様も安心して任せられないだろう。その為に私を含めて皆で毎朝、掃除をして常にきちんとした仕事が出来る癖を付けさせているのだ。社長だから遅く来ても良い、部長だから掃除をしなくても良いというルールなんて一つもない。皆で使用している事務所だから皆で掃除をするのは当たり前の事だと思う。朝の掃除は「自分を磨く為の大切な行事」社員には、常に心掛けて貰える事を願う。                                   株式会社トクガ                                     桜井 栄福



このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ