社長Blog

2006年3月18日 土曜日

不動産の物語

今日、私のところへ一人のお客様が相談に来られました。
内容は、「仲介業者さんに紹介された物件が売主さんからも紹介をされており、売主さんとお話しを進めていたら仲介業者さんから連日、電話が掛かってきて困っている。」との内容でした。
詳しくお話しを聞いてみたところ、最初に仲介業者さんからその物件の資料を取寄せた後、ネットで不動産を検索していたら、仲介業者さんから資料を取寄せた物件がたまたま売主で掲載されていたので気に掛かっていた物件だったので、売主さんとお話しを進めていたら仲介業者さんから、「資料をお渡しした物件を観に行きましょう。」との電話が掛かって来た為、お客様が「恐縮ですが、そちらの不動産に付きましては、売主さんとお話しを進めさせて頂いております。」と、言ったところ仲介業者さんの担当営業マンが急変し、怒鳴られたり、今まで薦めていたその不動産を「実は良くない物件だからやめた方が良い。」だの意味不明な事を言い続けられて困っているとの事でした。                          
この様なケースは多々ありますが、まずはその仲介業者さんを通して購入する必要性はまったくありません。(仲介業者さんにその不動産を案内されていたらお話しはまた少し変わりますが・・・)ましてや怒鳴ったりするような仲介業者さんから不動産を買っても良い事はありませんし、長くお付き合いなんて到底無理でしょう。このケースの場合は、売主さんに事情を話して売主さんから仲介業者さんに言ってもらうのが一番良いと思います。もし、売主さんが非協力的であれば宅建協会等、その仲介業者さんが所属する協会に相談するのも良いでしょう。
正直、私も不動産業を営んでいて疑問に思うところですが、「何処まで仲介業務をすれば手数料の請求が出来るのか?」が未だにはっきりとした事は恥ずかしながら分かりません。グレーゾーンでもあります。
ただ、一つ言える事は仲介手数料とは、成功報酬の性質がありますのでお客様に良くご理解をして頂き、ご納得して頂いた上で「お世話になりました。」と言って頂けて始めて報酬が頂けるものだと思っております。一社でも不動産業のイメージをダウンするような事をすれば、忽ちこの業界全体が悪いイメージになりますので、「同業者の皆様、一人一人がモラルを持ってこの業界をクリーンにして行きましょう。」
最後に、マイホームをご検討されておりますユーザー様、「大手だから安心とか、名の通っている会社だから安心」とかはありません。大手さんも町の不動産屋さんも仕事内容は一緒です。それよりも、「この営業の人であれば任せられる、長いお付き合いが出来そう・・・」と思う方からご購入された方が宜しいかと思います。
不動産の事で悩んでいらっしゃる方がおりましたら、小さな事でも結構ですのでご相談下さい。勿論、メールでも構いません。私の知っている限りの知識でお答え致します。
e-mail e-sakurai@tokuga.jp
URL www.tokuga.jp
FAX 044-855-7306
TEL 044-853-7730


                                   株式会社トクガ
                                     桜井 栄福



このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 株式会社トクガ

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ